男性

銀を買取業者に売ろう|高く売るために知っておくこと

評価基準を知っておこう

ダイヤモンド

多くの人に愛され続けるダイヤモンドは中古の売買も盛んに行なわれています。そこで、現在売ろうと考えてる人は、ダイヤモンドの知識を身に付けて納得のいく買取額で売りましょう。ダイヤモンドの品質の評価に使われている4Cという言葉はよく耳にしますが、意味までは知っていない人が多いです。この4Cというのは国際基準でほとんどの買取業者が査定の基本にしているものになります。もともとは4つの意味から成り立っていて「カラット」「クラリティ」「カラー」「カット」の頭文字のCをとって4Cと呼ばれているのです。カラットは重さのことで0.2グラムを1カラットとし、もちろんカラットが大きくなるほど価値が高くなります。カラーは色のことで、無色透明に近いほど買取額は上がるといわれています。ダイヤモンドはだんだん黄色くなっていくので手入れはしっかりとしておきましょう。クラリティは透明度のことを指し、基本的にルーペでキズがないか確認して調べることをいいます。カットは研磨のことで、人間の手作業で行なう工程の技術を判断します。このように、ダイヤモンドの買取には主に4つの項目があるのです。ちなみに4Cとはあまり関係ない蛍光性をはかる方法があり、これを用いて買取額を決める業者も存在します。この方法は暗闇でブラックライトに当てることで蛍光があるか調べる方法です。こういった、ダイヤモンドの知識を知っておくと、業者に査定に出した時にスムーズに話が進められるでしょう。